中部/近畿/北陸の事務所テナント・貸店舗を専門に取り扱います。オフィスの事ならオフィスNEXTへ

居抜き物件についてのお話

みなさんこんにちは!
本日のテーマは居抜き物件についてのお話です。



みなさんは居抜き物件と聞くとどの様な物件を思い浮かべますでしょうか?
基本的に美容室、居酒屋、BAR、レストラン等の店舗向けの物件を思い浮かべる方も
多いかもしれません。



しかしながら数は少ないですがオフィス(事務所)の居抜き物件もございます。



昨今はコスト削減はもとより移転の為の人材コストの低減にもなるので居抜きを探されるお客様も増えてきました。
まだまだオフィス(事務所)の居抜き物件自体は少ないですが今後増加傾向にはなります。
それでは居抜き物件についてのメリットからお話させていただきますね。


【居抜き物件のメリット】

居抜き物件の大きなメリットは契約した際の内装費用を大幅に軽減できる点です。

もちろん従前の入居者様にも内装譲渡金が入る場合や内装譲渡金が無い場合でも
内装の解体費用(原状回復費用)を軽減できるというメリットもございます。

昨今は設備の解体費用はもとより廃棄物の処理費用も年々高騰してますので旧入居者、
新入居者双方にとっても非常に大きな利点となります。

貸主(物件オーナー)にとってもスケルトン(物件内装が無い状態)に比べて次入居者が決まり易いという点は大きなメリットです。



【居抜き物件のデメリット】

いいことずくめの居抜き物件のように感じますが勿論デメリットもございます。

最も大きなデメリットは責任の所在です。

設備に対する瑕疵担保責任や居抜き物件の退去時の原状回復にかかる負担等、
全責任を新入居者が被るのか、責任の所在を契約時に明確にすることが重要です。

またデメリットとしてあげられることが内装の自由度は下がりますので導線やレイアウトが業種にマッチしているのかしっかりと事前に検証しておくことも必要です。

以上が大まかな居抜き物件のメリット/デメリットとなります。



オフィスNEXTでは居抜き店舗をはじめ居抜きオフィスの物件も徐々に増えてまりました。

入居時、退去時のコストを削減できるという点は旧入居者、新入居者双方に非常に大きな利点です。

メリットデメリットをよく理解して物件探しをする必要があります。

そのお手伝いを是非、オフィスNEXTへお任せくださいませ!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

オフィスNEXTではお客様に合ったオフィスや店舗を多数掲載しております。
是非一度、検索画面をクリックしてオフィスや店舗を探してみて下さいね。

オフィスNEXT Facebookページも宜しくお願い致します。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

記事の更新日:

PAGE TOP